記事一覧

現在、ロレックスとオメガは恐らく、いや間違いなく、両社がこれまで製造してきたムーブメントのなかで最も精密で耐久性のあるムーブメントを製造していると言えるだろう。

ムーブメントの“すばらしさ”は精度の高さでも評価される。現在、ロレックスとオメガは恐らく、いや間違いなく、両社がこれまで製造してきたムーブメントのなかで最も精密で耐久性のあるムーブメントを製造していると言えるだろう。ロレックスは標準的なスイスレバー脱進機を徹底的に改良することを好み、オメガはハイテク素材とコーアクシャル脱進機の量産化の道を選んでいる。

ロレックス スーパーコピー デイトナ 116519LN

2017年のバーゼルワールドで発表されたオイスターフレックスブレスレット仕様の「コスモグラフデイトナ」。

こちらはホワイトゴールドケースにセラクロムタキメーターベゼルを合わせ、ブラックダイアルに8ポイントダイヤをセッティングした華やかなモデル。

オイスターフレックスブレスレットとはロレックスが開発し、特許を取得したストラップで、中心部の超弾性フレキシブルメタルブレードを高性能エラストマーでコーティングしたもので堅牢性と柔軟性に優れています。

ムーブメントにはコラムホイール&垂直クラッチ式のキャリバー4130を搭載。

こちらは2015年に再定義された高精度クロノメーターで、ケーシング後の精度は-2~+2秒で調整されます。


オメガ デビル コーアクシャルコピー 431.50.41.21.13.001

フランス語で「都会的な」という意味を持つ「デ・ビル」。

こちらは60時間パワーリザーブの自社製コーアクシャルキャリバー8501を搭載したモデル。

ケースはシースルーバックになっており、テンプ受けとローターにK18レッドゴールドを使用した自慢のムーブメントを見ることができるのもお勧めのポイント。

クラシカルなそのスタイルは、飽きずに長くお使いいただけるのではないでしょうか。

両社ともに、かつてのマリンクロノメーターメーカーが涙を流して羨むような高精度のムーブメント(しかも大量に再現可能なもの)を取り揃えている。国家戦略として資金を投入して高精度の航海時計をオーダーメイドするということは、特に18世紀半ばにおいては驚くべき偉業だが、ジョン・ハリソン(John Harrison)の大ファン(私もその一人だ)でさえ、それがビジネスとして成り立たないことを認めざるを得ないだろう。

これらは技術的な基準だ。時計のムーブメントは時を刻むための機械だが、製造上の実用性、メーカーにとってのコスト、強固なサプライチェーンへの依存、そしてもちろん消費者にとって経済的に魅力的なパッケージの存在などの基準をクリアしなければならない。年間50万個の7750ムーブメントキットを製造している場合、製造を打ち切りたいと思わない限り、手で磨かれ、ひとつひとつ焼き入れされたスティール製のバネを搭載することはないだろう。

トラックバック一覧

コメント一覧

エルメス 偽物 URL 2022年02月17日(木)17時13分 編集・削除

多くの女性が憧れる、エルメスのバーキン。 ここでは基準外(偽物,コピー品)のポイントを5つご紹介いたします。

シュプリーム 偽物 URL 2022年02月18日(金)18時03分 編集・削除

優秀なシュプリームスーパーコピーバッグ、リュック、パンツなど好評品が期間限定販売

ブランド時計 コピー URL 2022年02月25日(金)11時20分 編集・削除

スーパーコピー 優良サイト安全後払い、送料無料、3年品質無料保証なります。